定期的に見直しを! 過去から学ぶ、マネープランの重要性

Money
(写真=Andrey_Popov/Shutterstock.com)

事前に立てた計画を全て実行に移すことは、なかなか難しいのではないでしょうか。マネープランについても、計画通りに進めていくためには、常に進行状況を把握することが重要です。

マネープランの場合は常に見直ししていく必要があります。マネープランをどのように実現していくか、マネープランの重要性と併せて解説します。

マネープランを計画する、見直す

自分が持っている目標や夢を叶えていくためにお金は切り離せません。生涯にわたる計画であるライフプランを実現するために、マネープランを立てることが必要不可欠です。

たとえば、「家を建てたい、車を購入したい」という願望があったとします。そのためにはいくら必要なのか、何歳までに実現したいのかといったことを考えなければいけません。マネープランを計画するうえで、大事なことは「目標や夢をできるだけ明確にする」ことです。内容や金額の具体化、実現時期の具体化が求められます。

計画後は、プランをどうやって実現していくかがカギとなります。1年後2年後といった具合に定期的に見直しを行い、プラン通りに進んでいない場合にはプランの見直しが必要になります。マネープラン見直しの際のポイントは下記の2点です。

・ プラン通りに貯蓄は増やせているか
・ プラン見直しの必要性を感じるか

この2つのポイントを念頭に、前年のマネープランを見直してみてください。貯蓄が思い通りに進んでいない場合は、その原因を探る必要があります。見直したうえでプラン自体に無理がある場合は、もちろんプランの再検討が必要です。マネープランを見直し改善点を考え、改善点がある場合はプランを修正します。これがプラン実現への近道となります。

計画したら、相談しよう

マネープランについてFP(ファイナンシャルプランナー)などプロへの依頼を考える人は、まだまだ少ないのが現状です。しかし、素人が作成したプランでは計画通り進む可能性は極めて低いといえるでしょう。マネープランを計画したら、専門的な知見を兼ね備えたプロに相談してみることも考えてはいかがでしょうか。

たとえば、収入が多いからといって、必ずしもライフプランを実現できるとは限りません。専門家のチェックにより自らの価値観を再認識し、ライフプランやマネープランの見直しを行う必要があります。また、貯蓄や投資に関してもスタイルは人それぞれ異なります。

マネープランの相談では相談者の目標や夢を実現させるために、専門家がさまざまなアドバイスをしてくれます。夢自体をヒアリングし実現するために収支のバランスの見直し、貯蓄や投資といったことも提案してくれます。ライフプランの実現に向けて「いつまで」に「いくら貯めるか」を明確にして実践につなげるのです。

FPに相談した場合の流れは以下のようになります。

1. 相談者が家族構成・収入・支出・資産・負債など現状を伝える
2. FPが相談者の計画をもとにライフイベント表や10年後20年後を予測したキャッシュフローを作成する
3. FPが診断分析する

専門家に相談することで、プランがわかりやすくなることはもとより、実現に向けて的確なサポートを受けることができます。FPは自治体などでも定期的にセミナーを開催しています。マネープランの作成や三大資金(教育・住宅・老後)の見直し、家計相談など幅広く相談することができるので活用してみるのもいいかもしれません。

ライフプランの見直しはお金のプロへ

現在、ライフプランやマネープランの重要性が叫ばれています。

超高齢化社会、そして少子化、将来的な不安は増すばかりです。過去のマネープランを定期的に見直し、ライフプランの実現に向けて如何に修正していくか考える必要があります。お金のプロであるFPへ相談することにより、何が悪いのか、どう修正すればいいのか的確なアドバイスをしてもらえます。

ライフプラン実現のためには、専門家の目から見たマネープランの修正が特効薬となるのではないでしょうか。

いまなら、専門FPへの無料相談を実施中


  • 保険商品や保険会社の比較が面倒。
  • いまの生活に合った保険が知りたい。
  • 節約も考えて保険料を抑えたい。
  • 複数の保険会社を組み合わせたい。

などのお悩みを、専門FPに無料で相談できます。※無料相談予約フォームに遷移します。

tel

>>LINEであなたに合った保険情報を見てみる


【オススメ記事】
医療保険と医療補助アプリの連携による「保険IoT」の実現
マネープランを立てると節約できる!?
ライフプランから学ぶ、夢や目標を成功するための秘訣
節約するならまずライフプランを見直すべき3つのワケ
介護保険制度見直しにともなう影響