30代〜40代必見! タイプに合わせた保険の見直し方

子育て世代の家族
30代〜40代は、結婚・出産・育児などライフイベントが目白押しの世代です。

そんな世代の最適な生命保険とはどのような保険なのか、今後加入する方も現在の保険を見直そうと考えている方にも共通する保険の見直し方を解説します。

30代〜40代に最適なプラン

30代〜40代に最適な保険は、生命保険・医療保険・がん保険です。この世代の方は、子育ての真っ最中であったり、病気になるリスクが高くなったりする世代です。

そのことを考えると死亡保障も必要ですが、一番必要なのは医療保険でしょう。もし病気で入院してしまったら、家族がいる方も独身の方も治療費以外に生活費が必要になります。医療保険は病気やケガで入院した時の治療費をカバーするだけでなく、入院することで収入が減少するリスクにも備えることが出来るのです。

医療保険は必要ないと考えている方でも、がん保険は加入しておいてほうがいいでしょう。日本人の2人に1人はがんにかかるといわれています。がんの治療は長期に渡るうえに、高額になるリスクがあります。

タイプ別ライフプラン

近年、晩婚化などで30代〜40代で独身の方は多くいます。独身の方と家族がいる方では、保険に対するイメージも違えば実際に加入すべき保険タイプも全く違います。

独身の方で保険を考えている方は、まず医療保険とがん保険を考えましょう。医療保険は先ほども書いた通り、治療費と生活費の補填に活用します。

老後の資金を準備しておく必要があるので、貯蓄性の高い終身保険か個人年金保険に加入することで老後に備えることができます。死亡保障を考えるのであれば、自分の葬儀代ほどの金額の死亡保障に加入するのをおすすめします。

家族がいる方は、残された家族の生活が安定するまでの間の保障を準備しましょう。その保障を準備した後に経済的な余力があれば、医療保険・がん保険・老後の準備を検討するとよいでしょう。

妻の保険

奥さんが専業主婦の場合と共働きの場合では保障が違うと思っている方もいると思いますが、違うのは保障金額だけです。専業主婦の方でも生命保険をかける必要があります。

専業主婦の方が万が一亡くなってしまった場合には、残された旦那さんと子どもたちで生活をしなければなりません。このとき子どもが小さく手のかかる時期であれば、家事・仕事・育児と旦那さんの手が回らなくなる可能性が高いので、お手伝いさんなどを雇うことになるかもしれません。その費用を残しておくことも必要になるので、月々10万円ほど残るぐらいの死亡保険はかけておいた方がよいでしょう。

夫の保険

旦那さんの生命保険は、生計の主となる場合、残された家族が元の生活に戻れるくらいの時期をカバーできる金額の死亡保障には加入しておいたほうがよいでしょう。

また、団体信用保険というのをご存じでしょうか。住宅ローン借り入れの際、ほとんどの民間の金融機関が団信への加入を条件としています。この保険は死亡・重度後遺障害などになった場合ローンが無くなるようになるので、家のローンは基本的に考えなくて良くなります。

子どもがいる場合といない場合

子どもがいる場合、独立するまでは親の責任です。自分に万が一のことがあっても子どもが独立するまで金銭的に困らないように、生命保険を準備しておくのが大切です。また子どもがいない場合でも、残された配偶者の生活が安定するまでの金額の死亡保険に入っておいたほうがいいでしょう。

30代〜40代は子育てや仕事も忙しくなる年代なので、保険選びにも賢くお金を使うようにしましょう。

【オススメ記事】
【保険の見直しは必要?】プロが教える団信加入で生命保険の一部が不要になるワケとは!?
マネープランを立てると節約できる!?
ライフプランから学ぶ、夢や目標を成功するための秘訣
節約するならまずライフプランを見直すべき3つのワケ
介護保険制度見直しにともなう影響