保険を見直すときの注意点、乗り換え・解約する適切なタイミングとは

乗り換え

生命保険の見直しをする方が増えてきていますが、乗り換え・解約のタイミングや見直しの注意点はご存じでしょうか。

知らないまま行うと、思いもよらない失敗となる可能性があります。より良い内容の保険にするはずが、最悪の場合は無保険の状態になることもあります。

そうならないために、保険を見直す時の注意点と見直しをするタイミングについて解説します。

保険を見直すうえでのポイントとは

生命保険を見直すうえで最大のポイントは、自分に必要な保険を理解するということです。

保険を見直す時の多くは、新社会人・結婚・出産・定年退職など、生活が大きく変わった場合でしょう。そのようなライフイベントを最適な状態で迎えたいからこそ、保険の見直しをする必要があります。

この場合、どんなリスクがあってどのような備えが必要かを知ることが、保険を見直すポイントになります。これを理解していないまま、無駄な保険に加入してしまう方は意外と多いのです。見直したうえで新たな保険の加入を決めた場合は、その生命保険の保険期間と保険料払い込み期間を充分に確認しておくのがポイントです。

保険を解約するときの注意点

保険の見直しをして新しい保険に切り替えようとする場合には、多くの方は、新しい保険と契約が重ならないように解約をすると思いがちですが、生命保険の場合は違います。

生命保険の解約で最も注意しなければならないのが、解約のタイミングです。生命保険や医療保険など健康状態に関わるものは、新たに契約が出来ない可能性があります。せっかく保険を見直して、新しく内容の良い保険に申し込んでも、保険会社から健康状態が原因で保険契約を断られることがあるのです。その場合は、以前から契約している保険を継続しないと、無保険状態になり何かあった場合に困ることになります。

いつ解約をするのがいいのか

保険を解約するときの注意点に解約のタイミングを挙げましたが、そのタイミングとは新しく申込んだ契約が成立したときにしましょう。

生命保険の契約は、基本的に申込書や健康状態の告知書などをもとに審査が始まります。場合によっては、入院歴や疾病歴などを精査するために、保険料の割増や引き受け不可と言う結果が出ることがあります。このような場合を考えて、保険会社から新たな保険契約が成立したという連絡があってから、以前の契約を解約しましょう。その間は保険が重なるため保険料の支払いが一時的に多くなってしまいますが、成立しなかった時のことを考える必要があります。

生命保険は申込みから契約成立まで少し時間があることと、健康状態によって引き受け状況も変わるので、解約する時期には十分注意しましょう。

保険見直しのポイントのまとめ

保険を見直す時は、自分が必要な保障を理解することと、経済的に無理な保険料の契約はしないことが大切です。また、生命保険や医療保険を乗り換える場合は、新たな契約の申込み時と、乗り換える前の保険契約の解約時期をしっかりと理解しておくことも重要となります。

生命保険を見直し乗り換える際に大事なのは、解約のタイミングであるともいえるでしょう。しっかりと理解し、保険を見直すときの参考にしてください。

いまなら、専門FPへの無料相談を実施中


  • 保険商品や保険会社の比較が面倒。
  • いまの生活に合った保険が知りたい。
  • 節約も考えて保険料を抑えたい。
  • 複数の保険会社を組み合わせたい。

などのお悩みを、専門FPに無料で相談できます。※無料相談予約フォームに遷移します。

tel

>>LINEであなたに合った保険情報を見てみる

【オススメ記事】
医療保険と医療補助アプリの連携による「保険IoT」の実現
マネープランを立てると節約できる!?
ライフプランから学ぶ、夢や目標を成功するための秘訣
節約するならまずライフプランを見直すべき3つのワケ
介護保険制度見直しにともなう影響