マネープランを立てると節約できる!? 

お金の計画を立てている画像
(写真=PIXTA)

自分のやりたいことや夢など、思い描いているライフプランを持っている人は多いのではないでしょうか。その夢を叶えるために、いつ、どのくらいのお金がかかるのかをあらかじめ知っておくことは、とても大切です。

戦略的マネープランを立てて、節約上手になりましょう。

そもそも「マネープラン」ってなに? 

マネー関係の雑誌やウェブページで、マネープランという言葉はよく聞くけど、具体的に何を意味するのかご存じでしょうか。

マネープランとは簡単に言うと、自分のやりたいことや夢など、思い描いているライフプランを叶えるために、いつ、どのくらいのお金がかかるのかをあらかじめ予想しておくことです。

ライフプランとは、何歳で結婚するか、家を買うか、資格を取るか、海外旅行に行くか、子どもの進学などを考える、未来予想図のようなものです。このライフプランが決まらないと、「いつ」「どんなことに」「いくら」お金がかかるのかを予想することができません。ライフプランは、マネープランを考える上での骨組みになります。

ライフプラン、マネープランは一度考えて終わりではない

ライフプランは一度考えたら終わりではありません。20代の独身時代、30代で夫婦二人暮らし、そして子どもが生まれるなど、人生に変化があるたびに考え直す必要があります。

もしも、マネープランがなかったらどうなるのでしょうか。とりあえず貯蓄をしておけば、何か問題が起きても困ることはないのでしょうか。

ひと昔前であれば、金利も高く、マネープランを立てなくても将来への不安はあまりなかったかもしれません。しかし今は、低金利の時代です。マネープランも戦略的に立てなければなりません。夢ややりたいことを実現するためには、当然お金がかかります。その夢を叶えるためにいくら必要なのか、いつまでに準備をしなければならないのか、逆算して考えることがマネープランなのです。

節約に重要なマネープラン

マネープランを立てることのメリットは二つあります。

一つめは、将来に必要なお金を見える化することで、貯金する金額と時期が明確になります。

二つめは、その貯蓄をするために月にいくら貯めたらいいのかわかるようになり、無駄な支出がないか自分のお金の使い方を見直すことができます。

目標の金額が決まると、節約が必要になるかもしれません。節約をするときに大事なのは、予算を守る習慣を身につけることです。

たとえば、1ヵ月の食費を3万円とすると、1日に使える金額は1,000円ということになります。この1,000円の予算をきちんと守るということではなく、今日は500円だったから、明日は1,500円まで使えるというように、トータルの予算を守るようにします。節約の目的は、継続させることです。1日の予算にこだわりすぎるあまり、ストレスで衝動買いなどをしてしまったら、せっかくの節約も水の泡になってしまいます。

コンサルティング会社やFPに相談しよう

考えたマネープランが実際に計画通りにできるかどうかを確認するためには、「キャッシュフロー表」を作成します。キャッシュフロー表とは、ライフプランに現在の収入、支出、年間収支や金融資産残高などの数字を入れて、家計全体のバランスを把握するものです。

もちろん、ライフプランが変わるたびにキャッシュフロー表も変わりますので、その都度作り直していきます。ある程度貯蓄ができてきたら、金融資産を運用するのも一つの方法です。しかし、どんな運用をしたらいいのかは人によって違いますので、プロのアドバイスをもらうといいでしょう。人生に変化はつきものですので、マネープランも含めてトータルでアドバイスをもらえる、お金のコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

お金のことを考えるのに、早すぎることも遅すぎることもありません。マネープランを立てて、賢く節約していきましょう。

いまなら、専門FPへの無料相談を実施中


  • 保険商品や保険会社の比較が面倒。
  • いまの生活に合った保険が知りたい。
  • 節約も考えて保険料を抑えたい。
  • 複数の保険会社を組み合わせたい。

などのお悩みを、専門FPに無料で相談できます。※無料相談予約フォームに遷移します。

tel

>>LINEであなたに合った保険情報を見てみる


【オススメ記事】
医療保険と医療補助アプリの連携による「保険IoT」の実現
マネープランを立てると節約できる!?
ライフプランから学ぶ、夢や目標を成功するための秘訣
節約するならまずライフプランを見直すべき3つのワケ
介護保険制度見直しにともなう影響