節約するならまずライフプランを見直すべき3つのワケ

plan
(写真=PIXTA)
日々の生活において、節約を意識している人は多いのではないでしょうか。節約するならまずライフプランを見直す必要があります。ライフプランを見直すことでどのように節約することができるのか、具体的な節約術をまとめました。

ライフプランを作成しよう

ライフプランとは「人生設計」のことです。人生における収入と支出を、将来にわたってシミュレーションすることで、いつどれだけの支出があるのか、それに備えるためにどう準備をすべきかがわかります。

節約するにあたり最も重要なことは、モチベーションを維持することでしょう。支出を減らすためには何かを我慢することもあり、強い意志を持ち続けなければなりません。モチベーションを維持しながら節約するためには、ライフプランを見直す必要があります。

● 将来の支出額がわかる
ライフプランを見直すことで、子どもの進学費用、マイカーの買い替え費用など、将来の大きな支出があるタイミングを知ることができます。不意の支出を事前に知ることができ、そのためにいくら貯金すべきかが分かります。

● 危機感、もしくは余裕が生まれる
ライフプランを見直した結果、もし将来の貯蓄がマイナスになった場合は支出と収入のバランスが取れていないということです。今のままだと将来負債を抱えてしまう、そういった危機感が節約の必要性を生み、モチベーションにつながります。

● 具体的な貯金額を割り出せる
将来負債を抱えないためにはいくら必要か、逆算して毎月の貯金額を割り出すことが可能です。漠然と節約をしようと思うよりも、毎月○万円節約しないといけないと思う方が行動できます。具体的数値による目標設定がモチベーション維持につながると言えます。

アドバイスを受けよう! ライフプランを使った節約法

実際にライフプランを見直したのであれば、そのプランを使って節約を行います。具体的な支出を書き出し、項目ごとに考えることで節約すべき項目が分かります。将来の支出を見た結果、毎月3万円貯蓄する必要があると分かったとします。以下の家計例(夫婦2人での生活と仮定)で具体的なアドバイスを見てみましょう。

【収入】
・手取り収入:18万円

【支出】
・食費:4万円
・交際費:3万円
・光熱費:6,000円
・水道代:4,000円
・携帯代(夫婦2台):2万円
・家賃:7万円
・貯金額:1万円

現状は1万円しか貯金できておらず、あと2万円貯金するためには節約をする必要があります。アドバイスをするとすれば「食費」と「携帯代」が挙げられます。

・ 食費について
夫婦2人の割には食費が高く、外食が多いと考えられます。食材を買って家庭で調理し、冷凍保存すれば日々の昼食(お弁当)や夕食に使えます。1日800円に抑えれば2万4,000円、1万6,000円の節約が可能です。

・ 携帯代について
通話料もしくは基本使用料が高いと考えられます。格安スマホ等に乗り換えをおすすめします。今はさまざまな会社が格安スマホを提供しており、たとえば最低月額約2,000円~契約可能なところもあります。携帯代を1人3,000円に抑えたとすれば、毎月1万4,000円の節約が可能です。

上記2点の実行で3万円の節約ができ、毎月の貯金額は4万円になります。予定より多く貯金することができるかもしれません。このようにライフプランから貯金額を逆算、毎月の支出を書き出し項目ごとに見直すことが節約へとつながります。ぜひ一度、ライフプランを作成してみてはいかがでしょうか。

いまなら、専門FPへの無料相談を実施中


  • 保険商品や保険会社の比較が面倒。
  • いまの生活に合った保険が知りたい。
  • 節約も考えて保険料を抑えたい。
  • 複数の保険会社を組み合わせたい。

などのお悩みを、専門FPに無料で相談できます。※無料相談予約フォームに遷移します。

tel

>>LINEであなたに合った保険情報を見てみる


【オススメ記事】
医療保険と医療補助アプリの連携による「保険IoT」の実現
マネープランを立てると節約できる!?
ライフプランから学ぶ、夢や目標を成功するための秘訣
節約するならまずライフプランを見直すべき3つのワケ
介護保険制度見直しにともなう影響