ライフプランから学ぶ、夢や目標を成功するための秘訣

life
(写真=PIXTA)
「ライフプラン」をご存じでしょうか。「ライフプラン」とは、人それぞれの夢を具体化して表にしたものです。人生の設計図であり、未来予想図ともいえるかもしれません。

漠然としていた夢を書き出してライフプランを立てることで、夢や目標に近づくために具体的にどんな行動をすべきか見えてくるかもしれません。

人生を成功するためにライフプランがどう大事なのか、ライフプランの活用法をご紹介します。

ライフプランの作り方

ライフプランには、「いつ」「何をしたいか」を書き記していきます。家族の年齢や学年を書き込んだ年表に、やりたいこと、叶えたいこと、必要な金額などを記入します。表という形態で目標を可視化することで、叶えたい夢の実現時期と予算が一目でわかるようになります。

まずは、人生の三大支出(教育、住宅、老後)から書いていきます。

・ 子どもの教育プランはどうしたいのか
・ 住宅は購入か賃貸か、その時期、頭金の金額
・ 退職する年齢、年金の開始年齢、老後の住まい

家族の年齢の変化を見ながら、希望の時期と、必要な金額も調べて記入しましょう。

三大支出を記入したら、ほかの夢についても記入していきます。車の購入や旅行などの家族の希望のほか、資格取得などの自己投資など、やりたいことを記入します。必要な金額は、インターネットや本などで調べて具体的な数字を記入しましょう。できあがったら、お金のかかるライフイベントが重なっていないかなどを確認します。

ライフプランの調整、見直し

次に、ライフプランの実現性をあげるために、必要に応じてイベントの時期をずらす、優先順位をつける、予算を再検討するなど、調整する時期はないか確認していきます。

そして、夢を叶えるために必要な貯蓄プランはないか、家計を見直す必要はないか、もっと詳しく調べるなど、より具体的に検討していきます。

ライフプランを作りあげても、車やマイホームの購入時期が当初とずれることや、子どもが予定外に私立高校に進学したりなど、ライフプランと変わる点が出てくることは少なくないでしょう。予定が変更となるとライフプランも修正していきます。ライフプランは必要に応じてその都度見直していく必要があります

ライプランがない人は、自分が今後の人生をどうしたいか描いていない人です。夢や目標の時期も予算も具体的にとらえていないので、必要な行動にも結びつきません。ライフプランという羅針盤がないと、日々の生活に追われる中、行動も場当たり的になりがちです。夢の実現に近づくことも難しいかもしれません。

ライフプランを持っている人は、必要な貯蓄プランがわかり、先の見通しも見えるので、不安も解消されて前を向いて歩んでいくことができます。

ライフプランはお金の専門家に相談するべし

ライフプランの意義はわかったけれど、なかなか自分では作れないという人は、お金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)に相談してみるのも一つの方法です。また作ってみたものの、どう調整したらいいのか悩んでいる人も、FPに相談してみると解決策が見つかるかもしれません。

やり直しのきかない人生です。アドバイス料を払い、FPに相談することで、それ以上の効果が得られることもあるでしょう。

いまなら、専門FPへの無料相談を実施中


  • 保険商品や保険会社の比較が面倒。
  • いまの生活に合った保険が知りたい。
  • 節約も考えて保険料を抑えたい。
  • 複数の保険会社を組み合わせたい。

などのお悩みを、専門FPに無料で相談できます。※無料相談予約フォームに遷移します。

tel

>>LINEであなたに合った保険情報を見てみる


【オススメ記事】
医療保険と医療補助アプリの連携による「保険IoT」の実現
マネープランを立てると節約できる!?
ライフプランから学ぶ、夢や目標を成功するための秘訣
節約するならまずライフプランを見直すべき3つのワケ
介護保険制度見直しにともなう影響