FPにおまかせ!保険の無料診断サービスを利用してみませんか?

保険の加入後、このような悩みを持ったことはありませんか?

  • 複数の保険に入っていて内容がよくわからない・・・
  • 今の保険が本当に自分に合っているの??
  • 満期がある保険に入っていた気もするけど、いつまで続けられるのかな・・・

保険を準備したものの、日が経つにつれ内容を忘れてしまったり、お金を掛けすぎていないか心配になったりする方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ちなみに私たちに必要な保障はライフステージによって、変わってくると言います。ライフステージとは・・・人の一生をいくつかの期間に分けた場合のそれぞれの期間(段階)のことをいいます。主に就職であったり、結婚・出産・子供の独立・退職などライフイベントがあった時に変化していきます。

では、それぞれのライフステージで必要な保障額はどう変わるのでしょうか?

実際に結婚や子育てを控えている方や今後定年を迎えるであろう方もいらっしゃると思いますが、「実のところ何にいくらお金がかかるのかわからない」・「具体的に何を準備したらいいのか困っている」と中々ご自身にとって必要な保険がいくらなのかイメージしづらいですよね?

でも大丈夫です!

そんなお悩みを弊社のFP(ファイナンシャル・プランナー)が解決致します!

FPによる保険証券診断

弊社では、お客様のライフプラン・ライフステージに合わせて今の保障に過不足がないかの診断を行う【FPによる保険証券診断】という無料のサービスを行っております。

例えば「今入っている保険だけでは足りなくなってしまった」や反対に、「以前は必要だった保険が今はいらなくなった」等、お客様によっても「今」必要な保険は様々です。

「今」の保険が、「今」のお客様にあった保険であるか確認できるよう、弊社では経験豊富なFPが、お客様からお預かりした保険証券をもとに証券診断を行います。

そのため、お客様自身で各保険会社の資料を取り寄せる必要がなく、お客様のライフステージに合わせたプランの提案や見直し等のアドバイスをすることができます!

自分の保険についてプロのFPに相談できると、先々も安心ですね。

こちらの証券診断は、弊社フィナンシャル・エージェンシーから保険に加入していないお客様でも証券の無料診断のみ行う事ができるので、是非お手元に保険証券をご準備し、お問い合わせしてみてください!

安心のアフターフォロー「よつば」

弊社フィナンシャル・エージェンシーではその他のサービスとして、加入者限定で「よつば」という無料のアフターフォローサービスも行っております。弊社から保険に加入した場合、加入後にお客様がお困りのないよう、サポート体制も充実しております!

例えば、

①【保険証券コピーお預かりサービス】
複数の保険契約の保険期間や保障内容をひと目で確認できる一覧表を作成し、書面での郵送や会員サイトからいつでも証券のデータを確認できます!
②【ご家族への情報提供サービス】
縁起でもないですが、ご本人様が入院してしまい意思表示が出来ない状態になってしまったり、急な事故で手術が必要になり寝たきり状態になってしまったりと保険をいざ請求する時に請求手続きが出来なくなってしまった場合、ご家族様からのお問い合わせにも対応できます!

これなら入院や手術で急に大きなお金が必要になった場合でもご安心ですよね?

また、その他にも様々なサービスがございますので興味をお持ちの方は気兼ねなくFP(ファイナンシャル・プランナー)にお問い合わせいただければと思います。

一人ひとりに最適なサポートを

【FPによる保険証券診断】は、何度利用しても無料で相談できるので、今後先々もFPと共に、お客様のライフステージに沿って保険選びをすることが可能です。弊社フィナンシャル・エージェンシーは、お客様が安心してご生活を送れますよう、全力でサポートいたします。

今後の保険選びや、保険のお見直しに是非【FPによる保険証券診断】を活用してみるのはいかがでしょうか?相談するだけでも、将来への安心に繋がると思いますので、是非この機会にお問い合わせしてみてください。

<クレジット>
ファイナンシャル・プランナー 新井 優也

いまなら、専門FPへの無料相談を実施中

  • 保険商品や保険会社の比較が面倒。
  • いまの生活に合った保険が知りたい。
  • 節約も考えて保険料を抑えたい。
  • 複数の保険会社を組み合わせたい。

などのお悩みを、専門FPに無料で相談できます。※無料相談予約フォームに遷移します。

tel

>>LINEであなたに合った保険情報を見てみる

【オススメ記事】
医療保険と医療補助アプリの連携による「保険IoT」の実現
マネープランを立てると節約できる!?
ライフプランから学ぶ、夢や目標を成功するための秘訣
節約するならまずライフプランを見直すべき3つのワケ
介護保険制度見直しにともなう影響