保険相談はファイナンシャル・プランナーにするのがいい?その理由とは

皆さんはファイナンシャル・プランナー(以下FP)にどのようなイメージを持っていますか?何となく「お金の事を相談できる人」というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。
FPとは、不動産、年金制度、保険など幅広い知識を備え、相談者の夢や目標の達成に向けて、経済的な側面からアドバイスを行う専門家のことです。私たちは生きていく上でお金に関する問題を避けることはできません。そこでFPは家族状況、収入と支出の内容、資産、保険など、あらゆるデータを集めて現状を分析し、結婚・出産などのライフイベントを考慮した上で、長期的かつ総合的な視点で様々なアドバイスや資産設計を行います。

保険の相談もFPにお任せ!

保険には、医療保険やがん保険、損害保険など数多くありますが、保険会社数は日本だけでも約200社あります。保険を選ぶには、まず自分に必要な保険の種類や保障内容を知らなければなりません。しかし、多種多様な保険の中から、自身のライフスタイルや価値観に合った保険を一人で見つけることはなかなか難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。そこで、保険やお金のプロであるFPに保険相談するという選択肢があると安心ですよね?
では、保険の相談をFPにするには、具体的にどうすればいいのでしょうか。相談するまでの流れを見ていきましょう。

STEP1:FPを探す
保険関連の雑誌やインターネットなどで、お客様にとって安心・信頼できるFPを探しましょう。
STEP2:相談の申込み
電話やメールで申込むことができます。日時を決め、電話や店舗などどのような方法で相談を行うのか、相談料の費用が発生するのかなど、疑問点は事前に確認しておきましょう。
STEP3:事前準備
保険証券などがあれば、FPもお客様の加入状況などを把握することができ、お客様のご希望にあったプランを提案することができます。
インターネットなどで申し込むことができるので、仕事をされている方でも隙間時間に手軽に相談できそうですね。

FP相談であなたにピッタリな保険を!

当社フィナンシャル・エージェンシーはFP資格を持つスタッフが多く在籍する保険の代理店ですので、お客様からのご相談には、経験豊富なFPが対応させていただいております。※社員のFP資格所有率が95.1%(2020年3月末時点/当社調べ)。
では、FPへのご相談事例を紹介いたします。
~相談事例~
毎月の保険料が月8万円です。見直すべきでしょうか?
保険の見直しについて、専門家のご意見をお聞かせください。

〈家族構成〉
本人33歳・専業主婦、夫38歳・会社員、長女7歳、父63歳、母60歳の5人家族
〈加入している保険の内訳〉
[夫]定期特約付終身保険・終身保険・定期保険(死亡保障6250万円):保険料5万円
[妻]医療保険(死亡保障500万円、入院1万円、他に先進医療特約):保険料1万円
[長女]生命共済・学資保険・こども共済:保険料:保険料2万円

~FPからのアドバイス~
ご主人の適正な死亡保障は、どのくらいでしょうか。遺された家族の住む家は確保されていて、ご両親との同居ですから、奥様が働きやすい環境にあります。そして、お子さんは1人。会社員なので、万一の時は遺族厚生年金も受け取れます。そういった状況を考慮すると、必要保障額は2000万~3000万円と考えます。その内訳は、お子さんの教育費に1000万円、遺族年金や妻の収入だけでは足りなくなる遺族の生活費として500万~1000万円、あとは不測の事態(親の介護や妻の病気など)に備えて500万~1000万円がかかるとしました。

対して、ご主人の死亡保険金を合算すると6250万円なので、過大と言わざるを得ません。

もし、毎月の保険料を抑えることが第一であれば、2000万円の定期保険を残してあとは解約。医療保険は、祝い金などの付かないシンプルな定期タイプに新たに加入すれば良いでしょう。

また、家族構成や環境の変化に合わせて、見直していくことが大切です。
特に死亡保障は子どもが成長すれば減額していくことが、合理的な見直しとなります。お子さんは現在7歳ですから、例えば高校入学時に500万円ほど減らしても良いでしょう。逆に、子どもが増えれば増額が必要になります。

このように、FPは相談者のライフスタイルや経済環境などを伺い、一人ひとりに合ったアドバイスを行います。FPに相談することで、お金の悩みや不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。

当社では、お客様のご希望に合わせ、お電話だけでなく、訪問やLINEでもご相談を承っております。ぜひ、当社フィナンシャル・エージェンシーに保険の無料相談をしてみてください!
あなたにあったFP、そして、保険に出会えること間違いなしです!

(データ元)金融庁HP  https://www.fsa.go.jp/index.html

<クレジット>
ファイナンシャル・プランナー 宮本聡子

いまなら、専門FPへの無料相談を実施中

  • 保険商品や保険会社の比較が面倒。
  • いまの生活に合った保険が知りたい。
  • 節約も考えて保険料を抑えたい。
  • 複数の保険会社を組み合わせたい。

などのお悩みを、専門FPに無料で相談できます。※無料相談予約フォームに遷移します。

tel

>>LINEであなたに合った保険情報を見てみる

【オススメ記事】
医療保険と医療補助アプリの連携による「保険IoT」の実現
マネープランを立てると節約できる!?
ライフプランから学ぶ、夢や目標を成功するための秘訣
節約するならまずライフプランを見直すべき3つのワケ
介護保険制度見直しにともなう影響