法人保険の有効的な活用法

皆さん生命保険や医療保険に加入していますか?自分の働いている会社でも保険に加入しているかもしれません。個人でも会社でも色々なところで保険に入る必要はあるのでしょうか。今回は法人保険の必要性や用途について掘り下げていきたいと思います。

法人保険とは?

元々会社で加入している保険を法人保険といいます。法人保険とはもしもの時のために私たち個人が掛けている生命保険や医療保険などとは違い、契約者が法人となっている保険のことをいいます。法人や中小企業は経営者に病気や事故等があった場合、法人は様々なリスクを背負うことになります。そういった時の会社経営のリスクに対して企業ならではの様々なサポートが受けられるため加入をしています。

主な保障内容

法人保険は大きく分けると下記2つに分類されます。
①生命保険
生命保険には、被保険者が役員や従業員となる終身保険や定期保険、養老保険があります。

②損害保険
損害保険には、業財産に備える保険・収入減をカバーする保険・事業活動に伴う損害賠償に備える保険・がん保険や医療保険があります。

メリット

では実際に法人保険に加入するとどのようなメリットがあるのか3つ紹介していきます。

①財務強化
解約返戻金の設定がある法人保険の多くは「契約者貸付制度」というものがあり、解約返戻金を担保としてお金を借りることができます。原資は解約返戻金となっているので、基本的に借り入れする際の審査はありません。急にお金が必要になった時などの資金調達の方法として非常に有効的です。ただし、契約者貸付制度はあくまでもお金を借りている状態のため最終的にはお金を返す必要があります。

②福利厚生の補填
福利厚生では通勤・住宅関連や職場環境関連など様々な目的がありますが、法人保険に加入をすることで、従業員が病気や事故にあった際にも保障が可能です。保険料の支払い関しては、会社側が負担する場合と社員が負担する場合があり会社によって異なりますが、福利厚生を充実させることで、働きやすい職場となりますので、活用をすることでよりよい会社づくりにつながります。 

③退職金の準備 
法人保険を解約するタイミングによっては、より多くの現金を残せるようになっていて、解約返戻金を従業員の退職金に充てることができます。

ここまで実際に法人保険に加入した際のメリットについて紹介してきました。今まで法人保険と聞くとなかなか身近に感じづらい方も多かったと思いますが、加入いただくことで経営者や従業員、また会社を守ることが出来るようになります。法人保険と個人の保険では、内容が異なる部分も多くどちらにも必要性があります。 法人であれば会社が加入をしてくれますが、個人の保険は自分で加入をする必要があります。これを期に自分の加入している保険についても再度考えてみてはいかがでしょうか。

<クレジット>
ファイナンシャル・プランナー 青田鈴音

いまなら、専門FPへの無料相談を実施中

  • 保険商品や保険会社の比較が面倒。
  • いまの生活に合った保険が知りたい。
  • 節約も考えて保険料を抑えたい。
  • 複数の保険会社を組み合わせたい。

などのお悩みを、専門FPに無料で相談できます。※無料相談予約フォームに遷移します。

tel

>>LINEであなたに合った保険情報を見てみる

【オススメ記事】
医療保険と医療補助アプリの連携による「保険IoT」の実現
マネープランを立てると節約できる!?
ライフプランから学ぶ、夢や目標を成功するための秘訣
節約するならまずライフプランを見直すべき3つのワケ
介護保険制度見直しにともなう影響