転職した場合、保険の見直しは必要か

保険の見直し
いざという時に、残された家族の役に立つ生命保険や、病気やけがで会社を休んだときにもらえる社会保険の傷病手当金など、保険にはさまざまな種類があります。

転職などでライフスタイルが変わると、それにともなって保険を見直す必要があります。そこで、どのような場合に保険の見直しが必要になるのかを考えてみましょう。

ケース別に見直し方を検討する必要がある

転職といっても、会社を辞めて自営業をする場合、自営業を辞めて会社員になる場合、会社を辞めて別の職場に就くなど、さまざまなパターンがあります。病気やけがに備える社会保険は、健康保険組合や全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)など会社員やその被扶養者が加入する健保と、自営業者やアルバイトなど健保に加入していない国民健康保険(国保)に分かれます。健保と国保では保障される内容が異なるため、それを補填するには今まで加入していた生命保険を見直したり、新たに加入したりする必要があります。

会社を辞めて自営業を始める場合

会社を辞めて自営業を始める場合は、社会保険の保障が大きく変わってくるため注意が必要です。

会社を辞めて自営業を始めた方は国保に加入することになりますが、特別加入者を除いて病気やけがをしたときに傷病手当金がもらえません。そのため、自営業の方は病気やけがに備えて医療保険の給付金を見直す必要があります。

保険期間は自分が働ける年齢を考慮して、その年数分定期保険に加入するとよいでしょう。病気やけがで長期間働けなくなったときのために就業不能保険もあります。前の会社で団体扱いの保険に加入していた方で継続を希望する場合は、保険会社に相談してください。

会社を辞めて別の職場に勤務する場合

現在の会社を辞めて別の職場に勤務することになると、まずは給与天引きであった団体扱いの保険の取り扱いができるか保険会社に確認しましょう。このケースでは社会保険の内容に変化がないので、保険の見直しの必要性はありません。ただし、別の職場に移って年収がアップしたときはライフスタイルが大幅に変わる可能性があります。そのような場合は死亡保障金の増額や、子どもの将来のために新たに学資保険に加入することなどを検討してください。

自営業を辞めて会社員になる場合

自営業をしていた方が会社員になる場合は、社会保険の保障内容が良くなります。そのため、病気やけがに備えて加入していた医療保険の給付金の金額を減らす見直しを検討してください。また、個別に加入していた保険は団体扱いで保険料が安くなる場合がありますので、保険会社に相談しましょう。

厚生年金保険と国民年金保険

社会保険は、会社員が加入する厚生年金保険と、自営業者やパート・アルバイトの方が加入する国民年金保険に分かれます。

厚生年金保険と国民年金保険の大きな違いは保障の内容です。国民年金保険には遺族厚生年金がありません。会社を辞めて自営業を始める方は死亡保障を1,000万円以上増額することをおすすめします。保険期間は子供が自立できるまでの期間とする定期保険が良いでしょう。自営業を辞めて会社員になる方は、遺族厚生年金がありますので、死亡保障金を減額できる可能性が出てきます。

転職をするとライフスタイルが変わることになります。慌ただしい日々を過ごしているうちに、じっくり保険について考えられないかもしれません。慌てないように、保険の見直しはしっかりとやっておきましょう。

いまなら、専門FPへの無料相談を実施中


  • 保険商品や保険会社の比較が面倒。
  • いまの生活に合った保険が知りたい。
  • 節約も考えて保険料を抑えたい。
  • 複数の保険会社を組み合わせたい。

などのお悩みを、専門FPに無料で相談できます。※無料相談予約フォームに遷移します。

tel

>>LINEであなたに合った保険情報を見てみる

【オススメ記事】
医療保険と医療補助アプリの連携による「保険IoT」の実現
マネープランを立てると節約できる!?
ライフプランから学ぶ、夢や目標を成功するための秘訣
節約するならまずライフプランを見直すべき3つのワケ
介護保険制度見直しにともなう影響