保険選びで失敗しない!気軽な相談でピッタリの保険を見つけよう

(写真=Africa Studio/Shutterstock.com)

保険の選び方に王道はありません。人によって年齢や性別、家族構成、ライフスタイルが異なり、最適な保険はそれぞれ違います。一番避けたいのは、内容を確認しないまま、とりあえず保険に入ってしまうことです。

持病がある人や過去に大きな病気をしたことがある人は、保障を厚くしたくても、なかなかできない場合も多いのではないでしょうか。この記事では、保険の選び方と保険代理店で相談するメリットを紹介します。

保険に加入したからといって安心というわけではない

「保険に加入したから、もう心配はいらない」と安心して、加入していたことすら忘れる人も多いのではないでしょうか。しかし、保険で将来への不安に備えたからといって、必ずしも安心とは言い切れません。治療に必要な金額は、その時代やライフスタイルで変わるからです。より時代に即した内容にするため、保険会社からは新しい保険商品が発売され続けています。

昔は手術というと、入院を伴う手術が主流でした。手術後に長い入院期間がありましたが、技術が進歩した今では、日帰り入院や入院しても短期間で退院することが増えました。昔の医療保険や医療特約の場合、手術後の数日後から入院給付金が支払われるというものや、入院をしないと手術給付金が受け取れない保険もあります。

保険によっては、手術が終わって給付金を請求したら、実は給付対象外だったという可能性があります。このように保険は、自分が今求めている保障内容になっているか、などを定期的に見直すことが必要です。とはいうものの、自分が入っている保険が今の治療や経済価値と見合っているのか、個人ではわからない人が多いでしょう。そういう場合は、保険代理店に相談してみてもいいかもしれません。

保険の選び方ってどうすればいいの?

保険料は、年齢や性別によって決められています。それに加えて、持病があるか、過去に大きな病気をしたことがあるか、などの条件によっても異なります。特に、持病がある方は審査のハードルが上がるため、保障内容だけでなく保険料や審査基準なども気になる要素ではないでしょうか。

今はインターネットでキーワードを入力するだけで、さまざまな保険会社の保険商品が表示されます。手軽に調べられる反面、各社のホームページを比較したり、複数の会社から資料を取り寄せたりするのは骨が折れる、という人も多いでしょう。

備えたいリスクに合わせて保険を選ぶ必要がありますが、備えたいリスクがあっても、それがどんな保険で備えられるのかわからないこともあります。そんなときに頼りになるのが保険代理店です。保険代理店では知識と経験があるスタッフがさまざまな事例を扱っているため、漠然とした相談でも的確な保険を教えてくれます。

保険の選び方を教えてくれる保険代理店ってどんなところ?

保険代理店は、保険を販売する会社や個人のことです。乗り合い代理店では、複数の保険会社の保険商品を取り扱っているため、その中から一人ひとりに合わせた保険を紹介してくれます。ライフステージやライフスタイルに合わせた保険の選び方なども親切に教えてくれるでしょう。

持病があったり、過去5年以内に大きな病気をしたり、手術をしたばかりなど、さまざまな理由で生命保険や医療保険に入りづらい人もいるでしょう。その場合は、引受基準緩和型・限定告知型・無告知型・無選択型などの持病があっても入りやすい保険を勧めてもらえる可能性があります。

保険代理店であれば、引受基準緩和型や限定告知型などの一般的になじみのない言葉も、ひとつひとつ意味や違いを教えてくれます。悩みが解決できるだけでなく、保険料の節約にもつながるかもしれません。

まとめ

加入していた保険会社の名前が変わっていることもあり、自分の保険会社がどこかわからない、ということもあるのではないでしょうか。そのような保険にまつわる、さまざまなことに相談に乗ってくれるのが保険代理店なのです。

無料で相談できる保険代理店もあります。多くの保険商品の中から、自分にピッタリの保険を紹介してほしいと思っている方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

いまなら、専門FPへの無料相談を実施中


  • 保険商品や保険会社の比較が面倒。
  • いまの生活に合った保険が知りたい。
  • 節約も考えて保険料を抑えたい。
  • 複数の保険会社を組み合わせたい。

などのお悩みを、専門FPに無料で相談できます。※無料相談予約フォームに遷移します。

tel

>>LINEであなたに合った保険情報を見てみる

【オススメ記事】
医療保険と医療補助アプリの連携による「保険IoT」の実現
マネープランを立てると節約できる!?
ライフプランから学ぶ、夢や目標を成功するための秘訣
節約するならまずライフプランを見直すべき3つのワケ
介護保険制度見直しにともなう影響