【無料プレゼント】「保険貧乏」から抜け出す10のポイント
〜10,000人以上、平均年間72,000円節約した保険料でご提案できたワケ〜

「保険料が高いと感じている」「保障内容がよくわかっていない」「加入してから同じ契約内容のまま」保険に対して、このような悩み、不安をお持ちの方も多いかと思います。この無料eBookでは、10,000人以上のお見積もりで平均「年間72,000円」の削減実績をもとに、保険を見直し、”保険貧乏”から抜け出すための10個のポイントを紹介します。

eBookについて

【内容】

・保険料はどうやって決まるの?

・他の人はどのくらい払っているの?

・年代別、見直しタイミングはココ!

・保険の見直しを行う上で最大のポイントは、●●を理解すること

・解約する時のデメリット、気をつけるべきポイントは何? 等

eBook無料プレゼント

以下のフォームに必要事項を入力の上、「送信する」ボタンを押して下さい。入力いただいたメールアドレスにダウンロード用URLを記載したメールを配信します。

【表紙に記載した平均年間節約見積り額について】
※当社調べ(2015年7月~2016年11月データ) ※当社では、お客様の既契約を把握した上で、それと同水準の保障を提供する他の保険をご紹介できるよう努めていますが、  完全に同じの保障を提供する他の保険が見当たらない場合もあります。当社の提示する見積りが既契約よりも安くなる場合でも、  保障内容が完全に同一とは限りませんので、お客様におかれましては、保険料以外の契約条件も十分にご検討下さい。 ※お客様に対しては、合計69,555件の見積りを提示していますが、そのうち、お客様からの自己申告をもとにして当社が集計をした限りでは、10,062人の  お客様について、既契約の保険料よりも安い見積もりを提示することができました。 このお客様にとって安くなった月間保険料の合計額は60,753,124円となります  よって60,753,124円÷10,062人=6,037.877559円(平均月間節約見積り額)  6,037.877559円(平均月間節約見積り額)×12ヶ月=平均年間節約見積り額72,454円(小数点以下切り捨て)(なお、当社では、調査対象期間の途中から集計機能の使用を開始したため、この数値は、必ずしも当該調査期間全体を網羅したものではありません)。 ※当社では、お客様に対してお見積りを提示するに当たり、保デジプロという同じ営業ツールを使用しております。 しかし、お客様に対し、 最終的にどの保険商品をご紹介するかは、お客様のご意向を聴取しつつ、担当の保険募集人が決めてまいりますので、お客様のニーズに応じて、 最終的な結果が異なる(当社からご紹介する他の保険として、常に同一の保険商品が比較の対象となるわけではない)こともございます。 ※この資料に掲載する情報や数値はあくまでも参考であって、実際にお客様にご提示するお見積りが、既契約の保険料よりも安くなるとは限りません。